2011-11-21

サザンカ咲く小道にクロがいる

13

クロとは6年前に知り合った。
クロはノラの猫である。
絶対に、人の手に体をゆだねない猫だった。クロは3年前に消えた。忽然と姿を消したのだ。ボクは時々クロの写真を眺め、彼女の思い出にふける。

2007.12.07 EOS 5D SIGMA 28mm f1.8
1/40S F4.5 ISO 200


落合マサユキ

space

viewview:5110

お気に入り登録お気に入り登録:13

コメントコメント:9

カテゴリ:PHOTO

タグ:ノラ猫 クロ サザンカ 落合マサユキ

 

 

 

※コメントを入力する場合にはログインする必要があります。

 

コメント一覧(9


apollo 2013-09-05 23:06:39

apollo事務局です。

こちらの作品をTOPページ・ピックアップ作品として
使用させていただきました!

今後とも、apolloをよろしくお願い致します!


落合マサユキ 2011-11-23 10:01:38

decade555 さん、こんにちは。「陽」は大切なものですね。そのぬくもりは何物にも換えがたく、「陽」なくしてイノチはありませんから、できるだけ象徴的に、「陽」を入れたいものです。クロへの感傷も、陽の光が暖かく包んでくれますね。感傷的であっても、ほっとさせる何かが陽の中にあるようです。


落合マサユキ 2011-11-23 09:57:41

tonoさん、ありがとうございます。サザンカの木に登って、花を撮影しているとき、クロが登場し、この写真が撮れました。実は、ボクはもともとは、猫嫌いでした。バブルのころは、自分の自動車のそばに猫が寄ると、石を投げたものです。まさに「俗物」ですね。カメラを手に取り、コサギを写し、猫たちの日々を追ってみて、その考えが根底から覆りました。ファインダー越しに見える彼らの無垢な姿に、すっかり自分が感化させられたのです。そして、逆に猫嫌いだったことが幸いしてか、猫たちとの関係でベタベタしない「付かず離れず」のよい関係を築かせてくれました。ただその後、クロがいなくなったので、この写真はとても感傷的になります。


落合マサユキ 2011-11-23 09:47:28

TOKYO SKULL さん、おはようございます。別れというものは、突然であればあるほど、思い出に深く刻まれますね。写真は「記録としての写真」と「芸術としての写真」がありますが、ボクは両者をつなぐもの、いわば「記憶としての写真」=記録よりももっとイメージ的なものをと考えています。感傷的な写真は大好きです。


落合マサユキ 2011-11-23 09:40:40

TELEPORT さん、おはようございます。クロは忽然と消えましたが、死んだとは思っていません。若い猫でしたから、たぶん生きているでしょう。


decade555 2011-11-22 15:43:38

陽の入り方がとても素敵です。
クロ…今頃は遥か彼方で日向ぼっこでもしているのでしょうか?
ネコって哀愁が漂う画にとても合いますよね。


tono 2011-11-22 04:21:40

手前も奥も赤いサザンカが、とても印象的ですね。
この時、クロは何を想っているのか、、、、見るものの想像を掻き立ててくれます。
ネコが被写体は、個人的にとても好きです。


TOKYO SKULL 2011-11-21 13:37:44

私も10年ほど前に同じ様な経験がございます。
この作品を拝見しながら、想いふけりました。
ありがとうございます、いい思い出を思い出させて頂きました。


TELEPORT 2011-11-21 12:24:07

ストーリーのある素敵な写真ですね。
クロちゃんどうしてるのか。。。


 

HATTORI食育クラブ


apollo

ユーザーID
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら(新規パスワードの再発行)

新規登録はこちら

apollo

apolloからログアウトします。

ログアウトボタンをクリックしてください。

apollo

キャンセル

apollo

apollo

退会手続きを開始します。本当によろしいですか?

apollo

キャンセル