2012-02-22

川のハト(Dove of the River.) 003

26

多摩川で出会った川のハト、夕暮れ、彼は上流のほうから歩いてきた。
水の中をだ。
川底にもなにか食べ物があるらしく、彼はコサギを待って水の中に横たわっていたボクのほうへ、腹を濡らしながらやってきた。
たくましい足取りだ。

ボクらはハトを知っているようで実はほとんど知らない。
ハトが人間に餌付けされている光景しか見ていないので、それ以上のイメージが湧かないのだ。人間は、人間と関係のある狭い範囲しか見ていない。
それは狭い了見でしか、イノチを見ていないことを意味する。だから、人間以外のイノチを簡単に見捨てることがよくある・・・・悲しい現実だ。

ハトにもハトの生き様がある。しっかりと生きているその姿を見ていただくことで、イノチの尊厳を感じてもらえればうれしい。

▼川のハトは、3枚の写真を投稿しています。以下のリンクよりご覧ください。ふだん見たことの無いハトの姿をご覧いただけるでしょう。なお、このほかに「街のハト」もシリーズで投稿しています。apolloトップページから検索で「街のハト」と入れてご覧ください。


落合マサユキ

space

viewview:11946

お気に入り登録お気に入り登録:26

コメントコメント:1

カテゴリ:PHOTO

タグ:川のハト(Dove of the River.) 003 落合マサユキ

 

 

 

※コメントを入力する場合にはログインする必要があります。

 

コメント一覧(1


落合マサユキ 2012-02-22 20:51:52

EF24-105mm f/4L IS USM 35mmで撮影


 

アドビ デザインマガジン


apollo

ユーザーID
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら(新規パスワードの再発行)

新規登録はこちら

apollo

apolloからログアウトします。

ログアウトボタンをクリックしてください。

apollo

キャンセル

apollo

apollo

退会手続きを開始します。本当によろしいですか?

apollo

キャンセル