2012-01-29

森の姉妹猫~美しい黄昏に

15

最後の夕日がサザンカの木立を抜けて、小道を仕切る石の上に注ぐ。
トラはひとり、佇んでいる。
冬の日、美しい光景・・・



落合マサユキ

space

viewview:6253

お気に入り登録お気に入り登録:15

コメントコメント:4

カテゴリ:PHOTO

タグ:森の姉妹猫~美しい黄昏に トラ 落合マサユキ

 

 

 

※コメントを入力する場合にはログインする必要があります。

 

コメント一覧(4


Kumano Keiichi 2012-05-04 10:40:06

トラにとって「今のひととき」なのでしょうか、「明日をおもうひととき」なのでしょうか、「昨日までをふりかえるひととき」なのでしょうか。ほんのひとときにすぎないはずなのに、時の広がりさえ感じさせてくれるワンショットですね。


落合マサユキ 2012-01-31 00:22:21

ただし、これは何年もノラの暮らしをしているこのトラの場合です。
もともと飼われていて、外の寒さも知らないで捨てられた子は、かわいそうですね。
連れ帰ってあげたほうがシアワセかもしれません。
こういう子は人のぬくもりで生きてたわけですからね。


落合マサユキ 2012-01-31 00:15:47

tonoさん、コメントありがとうございます。おっしゃることは「人のやさしさ」ではありますが、人間の側の「やさしい思い」が、野に生きるものたちの「シアワセ」につながるとは限りません。人間が思う以上にはるかに彼らは強く、たくましく、私はそういう彼らに畏敬します。だから、連れ帰るキモチにはならないのです。野に生きてきた彼らにとって、狭い家に閉じ込められたら、それは悲惨でしょうね。彼らは、ペットとして生きているわけではないのですから。


tono 2012-01-31 00:02:36

冬に外で見かけるネコは寒そうで、温かい部屋を提供してあげたくなります。


 

ワコム


apollo

ユーザーID
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら(新規パスワードの再発行)

新規登録はこちら

apollo

apolloからログアウトします。

ログアウトボタンをクリックしてください。

apollo

キャンセル

apollo

apollo

退会手続きを開始します。本当によろしいですか?

apollo

キャンセル